Now Loading…

人材派遣・
人材育成サービス
Tel Menu

*注) 株式会社ウィルは人材派遣、人材育成サービス、企画プロモーションをおこなう総合人材派遣会社です。

アクセス
応募する
Menu

キャスト
cast

※「DOMINO」は、全てWillの社員出演で
提供しております。

Will社員

リゾートハウスにレジャーに
来たWillの仲間たち。
ここで2万個のドミノと
出会う
ことになる・・・!?

ハードボイルド上司
豊川部長(豊川 和義)

浜のハードボイルドな男。
気が付けばいつの間にかサングラスをかけている。

ハードボイルド上司
豊川部長(豊川 和義)

浜のハードボイルドな男。
気が付けばいつの間にかサングラスをかけている。

豊川 和義(HRM1課)

元々教員になることが夢で、部活の顧問がやりたかったが(顔に似合わずテニス部)試験に受からず挫折。
学生時代に携帯キャンペーンの仕事に出会い、そこでセールスプロモーションの面白さを知る。

Willで、人にこだわり向き合う「コミュニケーション力」、そして人と人がつながる「接客、販売」へのこだわりを学ぶ。
仕事を通してスタッフの成長を体感しながら、通信販売の世界での人財育成にさらに魅力を感じる。仕事を通して、どんな人にも成長のきっかけづくりが出来るように日々奮闘中!

THE ネガティブ
針生(針生 昌和)

「なんで俺が」が口癖の超ネガティブ。今回も付き合わされるとは…と不満(な役)

THE ネガティブ
針生(針生 昌和)

「なんで俺が」が口癖の超ネガティブ。
今回も付き合わされるとは…と不満(な役)普段がスーパー熱血スタイルのため役作りに苦労する

針生 昌和(HRM1課)

現場での販売経験を経て、本社担当へ。

キャンペーンスタッフや量販店の常勤スタッフを担当。「やるしかないっ!」を合言葉に、熱い言葉と行動力で現場を駆けずり回る熱血スタイル!

現在は、量販店で勤務する社員、スタッフの教育担当として、現場で起こる様々な問題点を解決する為、「共に悩み」「共に成長」しながら今日も現場を走り回る。
その熱さに惹かれたのか、元キャンペーンスタッフと結婚。

実はプロ並みのピアノの腕前で、彼の指先からは繊細で優美な旋律が響き渡るという。

いつも明るい先輩
坂口部長(坂口 愛)

頼れるみんなのお姉さん。
いつも我関せずの飯田と仲間の関係性を心配している。

いつも明るい先輩
坂口部長(坂口 愛)

頼れるみんなのお姉さん。
いつも我関せずの飯田と仲間の関係性を心配している。

坂口 愛(HRM2課・営業推進部)

大学在学中の就職活動を通して様々な職種・企業を知る最中、全て魅力的であり、全てに不信が見え隠れしていた日々の中で「組織の何かでは無く、私だから出来る何か」を仕事にしたいと考える様になる。
この「大いなる若気の至りの極み」が、ウィルという大好きな場所との出逢いへと導いた。

キャンペーンガール時代、イベント営業時代を経て、現在は営業推進部と営業部HRM2課にて勤務中。どの時代を振り返っても想いや勢いだけで進んでしまう性分は、恥ずかしながら一生若気の至り気質、と本人は語っている。

座右の銘は「絶望とは愚者の結論である」「私たちはみな愛のために生まれる。
これが存在の本質であり、唯一の目的である。」(出典:BenjaminDisraeliより)

我関せずの個人主義
飯田(飯田 千奈美)

真面目だが、とにかくマイペース。基本的に周りには興味がない(という役)

我関せずの個人主義
飯田(飯田 千奈美)

真面目だが、とにかくマイペース。
基本的に周りには興味がない(という役)

飯田 千奈美(HRM2課)

新卒としてウィルに入社。
役員面接では殆ど喋れず、場の空気を凍り付かせてしまうが、沈黙直後のシュールな回答が面接官に強烈なインパクトを与えた。
「もしかしたら…」という面接官の予感が的中し、入社後3ヶ月で神奈川エリア3位の実績を収める。

彼女の一番の武器は素直さ。その素直さと真っ直ぐさは、彼女自身の絶対にぶれない軸が強さの源になっている。その長所を活かした「共感と寄り添いの極み」が彼女のマネジメントスタイル。
現在はリーダ―シップを高めるために日々奮闘中。

あれ、田中は?
長藤部長(長藤 始)

面倒見がよく、優しい田中の上司。気づけば消える田中をよく探している。

あれ、田中は?
長藤部長(長藤 始)

面倒見がよく、優しい田中の上司。
気づけば消える田中をよく探している。

長藤 始(営業二部)

家電量販店へ就職し、そこで携帯販売に携わる。
その後、携帯電話大手代理店に転職するが、担当していた販路が傾き、元同僚の紹介でウィルに出会う。

販売スタッフとして家電量販店を経て、携帯電話キャリアへ派遣され営業として活動。
当時担当営業だったWill加藤と出会い、派遣会社の業務に興味を持ちウィルの正社員となる。

様々なご縁のおかげで通信業界で20年、人が大好きです。※もちろん愛妻家です。

調子のいいヤツ~
田中(田中 良輔)
上手に楽しみながら、上手に手を抜いちゃう、とにかく調子がいいヤツ(の役)
調子のいいヤツ~
田中(田中 良輔)

上手に楽しみながら、上手に手を抜いちゃう、とにかく調 子がいいヤツ(の役)

田中 良輔(営業二部)

何事にも中途半端だった田中は、手に職をつけ飲食の道でやっていこうと調理師の専門学校へ。和食・洋食・中華から洋食を選び、2年間学ぶ。

在学中にアルバイトをしていた居酒屋へ就職。カッコつけて選んだ洋食よりも居酒屋の料理の方が興味を引いたとの事。

退職後はウィルと出会い、現場から営業の道へ。
ゆるーい営業スタイルだが、スタッフやクライアントとの距離感の近さは部署NO.1!

ドミノサイコー!!
鳩飼師匠(鳩飼 太一)

学生時代はドミノでブイブイいわせていた、ドミノ会伝説の男。必殺技は無敵。

ドミノサイコー!!
鳩飼師匠(鳩飼 太一)

学生時代はドミノでブイブイいわせていた、ドミノ会伝説の男。
必殺技は無敵。

鳩飼 太一(営業一部)

学生時代はバスケ部(2軍)のエースとしてモテモテの青春時代を送る。クラスに1人ぼっちのいじめられっ子がいると気になって仕方がない性分で、分け隔てなく誰とでも友達になってしまう。

気付けば周りにはいつも人の輪が出来るという彼の長所は、年月を経て社会で活躍する現在でも活きている。そのキャラクターは元祖“WILL”との呼び声が高い。

尊敬する人は、人生初めての上司マックスと、漫画「シティーハンター」の冴羽遼。

そのホウキに涙する
大家さん(加藤 信之)

今回の舞台となるリゾートハウスの大家さん。大変な天然を発揮するキーマン。

そのホウキに涙する
大家さん(加藤 信之)

今回の舞台となるリゾートハウスの大家さん。
大変な天然を発揮するキーマン。

加藤 信之(常務取締役 営業本部長)

東京杉並で生まれ、ちょっと東京、横浜育ち。

パタンナーとして勤めたアパレル会社を退職後、その頃に流行り出した携帯電話の販売アルバイトを始める。なんでも1位を目標に、「人との勝負では無く、自分との勝負。」と結果にこだわり続けた。

そんな中、大坪社長と出会いウィルに入社。
営業時代は新規クライアント立ち上げ、エリア立ち上げをし続け、現在は会社の拡大と共に、組織作りや部下の育成に力を注ぐ。

自分との勝負から、市場との勝負に軸足を移し、会社が成長と進化をし続けられる体制作りに注力する。

5年後、10年後のビジョンを確実に成し遂げる為の「今」を大事にしながら奮闘中!

みんなを優しく見守る
社長(大坪 誠)

言わずと知れたWillの社長。
様子を見に来たらドミノ!?
と思いつつも様子を見守る。

みんなを優しく見守る
社長(大坪 誠)

言わずと知れたWillの社長。
様子を見に来たらドミノ!?
と思いつつも様子を見守る。

大坪 誠(代表取締役社長)
こんな仲間で
構成されている
Willですが…
まだまだいます! Willのなかなか愉快なキャストたち
その正体は実は…
貞廣 宗剛(取締役 営業本部統括部長)
その正体は実は…
Will
貞廣 宗剛(取締役 営業本部統括部長)

27歳の時に大坪社長に出会い、それから2年後にウィルへ入社する。
当時は社長を含め、4名で奮闘していた。

どんな時も柔らかい頭と心で優しく受け止めてくれる、その存在は「THE安心感」。
きっとこれから先ウィルがどんな変化をしても、いつも原点を思い出させてくれる人。

優しく柔らかく、いつもペースを崩さない強さで、社員達を守ってくれる頼れるリーダー!!

Mr.チャランポラン
松永 義一郎(営業二部)
Mr.チャランポラン
Will
松永 義一郎(営業二部)

元バイト仲間からウィルを紹介され、派遣登録をすることに。
やがて、現場経験を経て営業担当へ。
ウィルに入り、仕事を継続する大変さとやりがいを学ぶ。

現在ではスタッフそれぞれの適材適所を見極め、クライアントに送り出している。
ノリが軽いが、スタッフを守るためならばクライアントに意見をすることも厭わない「頼れる先輩」。

とことんスマート
三上 浩士(営業二部)
とことんスマート
Will
三上 浩士(営業二部)

他社派遣会社で、量販店でのヘルパーを経て営業職へ。
やがて前会社の倒産を経験し、色々な縁がありWILLへ入社することに。

身長187㎝でスラムダンク流川楓と同じ、体型と同じく営業スタイルもとことんスマート。

スタッフに対しては非常に厳しく指導・教育を行い、チームを引っ張っていく存在。

ニュージェネレーション
影山 耕司(営業一部)
ニュージェネレーション
Will
影山 耕司(営業一部)

新人ながらにトップ成績を収めた実力の持ち主。“ニュージェネレーション”の名の基に若手を一気にまとめ上げるWill期待のルーキー。
現在、結婚カウントダウン中。
守る者の為、怒涛の快進撃。

ちなみに、マネジメントスタイルは浅くチャラい。
そう。浅くチャラい。これから益々頑張ります。

元関西人
鳥羽 秀一(業務管理部)
元関西人
Will
鳥羽 秀一(業務管理部)

派遣契約社員から正社員として、ウィル営業となる。

大阪から上京し活躍する間に、いつしか関西人としての魂は消え、関西弁も話せない身体へ…。

39歳、若干仕事も落ち着き、ダイエットの為に草野球を始めるも、人生初めての左上腕骨螺旋骨折、現在療養中。

カッッッチリ管理
白山 徹(営業一部)
カッッッチリ管理
Will
白山 徹(営業一部)

8才と6才のかわいい2人の娘を持つ
“The パパ”。
爽やか過ぎる印象とは裏腹に実はかなりの亭主関白な男。美人でしっかり者の奥様は寛大な年上女房様。

WILLには珍しいタイプな規則正しくキッチリカッチリタイプのマネジメントにて現場をカッッッチリと管理しております。

鬼教官スタイル
石川 真紀子(営業推進部)
鬼教官スタイル
Will
石川 真紀子(営業推進部)

近場で働ける仕事ないかな?とゆるーい動機で、主婦のパートとしてウィルと出会う。

30歳までには現場を抜ける!という宣言で、社内での研修担当として週3ペースでアルバイトを開始。

研修スタイルはSっ気たっぷりの鬼教官スタイル。
研修担当を経て、その後は営業推進部での採用対応に転籍。

週3ペースでゆるーく仕事のはずが、気付いた頃には社員に。
ウィルの営業マン全員を手玉に取る姐さんでありながら、大きな心でいつも寛大に見守る彼女の周りには、営業が集まるみんなのオアシス的存在。

ウィルの渡辺直美
永村 友梨奈(HRM2課)
ウィルの渡辺直美
Will
永村 友梨奈(HRM2課)

入社5年目、新卒として入社。
一次面接にて、面接官との会話の一言目で大号泣し、面接官の懐に一気に雪崩れ込み採用。

営業スタイルは前述と変わらず、一瞬のスキをついて相手の懐に潜り込む完全キャラクター営業。

一方で、マネジメントスタイルは意外にも体育会系のオラオラキャラ。
“ウィルの渡辺直美”の異名を欲しいままにしているとか、していないとか。

もうやだー
横川 豊(営業一部)
もうやだー
Will
横川 豊(営業一部)

入社当時より体重が20kg増量。
ラーメン好きで美味しいもの巡りが止められない。

ワガママ女子のマネージメントを得意とし、口癖は「明日からダイエット」。
あだ名は“トップセールスマン”(笑)

「もうやだー。もうやだー。」といつも言いつつ、面倒見が誰よりも良いので、手がかかる子は横川担当に配属される。

ツンデレの兄貴肌
三角 喬裕(営業一部)
ツンデレの兄貴肌
Will
三角 喬裕(営業一部)

父がパイロット、継げる跡目を蹴って現職へ…
理由はただの反抗期。
その青さは今も健在の体育会系営業マン。

一見言葉はきついように見えて、実はただのツンデレの兄貴肌。

情に厚い江戸っ子気質のストロングマネジメントスタイルな男。
ちなみに結婚カウントダウン中!

地方エリア全域担当
池内 勇太(営業一部)
地方エリア全域担当
Will
池内 勇太(営業一部)

大学は教育学部出身で将来は学校の先生…
であったが、親の期待を裏切って、現在は自由に楽しくウィルで活躍中。

目標に向けての強烈なリーダーシップは“圧巻”の一言。
WILL地方進出の歴史は彼から始まり、今後の地方拡大の要も彼である。

鉄の心臓の持ち主
小林 恵太(営業二部)
鉄の心臓の持ち主
Will
小林 恵太(営業二部)

勤めていた会社が倒産し、色々なご縁がありウィルに入社。

軍隊と呼ばれるような現場ばかりにいた為、営業スタイルは何しろ忍耐強い。
何を言われようが、何が起ころうが動じない、感じない。響かない、凹まない。
鉄の心臓の持ち主。奥さんには弱いらしい。

神経も体も図太い
鈴木 紘郁(営業二部)
神経も体も図太い
Will
鈴木 紘郁(営業二部)

子供の頃は緑色が好きすぎて、ランドセルも緑色。当時は異例。

経営者の父、個人事業主の母の元で育ち、自由志向は比較的強め。
大学時代は夢であった経営者や起業家、投資家を目指し経営学を専攻。
大学3年の時に「人」と「社会」について学ぶためウィルに派遣登録、現場を経て営業へ。そのままの流れで現在に至る。

ウィル内でも希少のお坊ちゃま。
何事にも動じない営業スタイルで、神経も体も図太い。
(ウィルに入った当初はスマートだったらしい)

最近ではオネエ疑惑が浮上している。

自分不器用ですから
平良 祐作(HRM2課)
自分不器用ですから
Will
平良 祐作(HRM2課)

前社が業務縮小のタイミングでウィルに移籍。

彼の本質は「人となるべく関わりたく無し」という部分にあり、「だからこそこの仕事をし、人一倍相手を知る努力、理解する努力が必要なんです。」と語る彼は、不器用だけど努力の人。
いつも寡黙に仕事をしている営業。

マネジメントスタイル、営業スタイル共に一貫して「泥臭く、とにかく動く、会いに行く。以上終了」と言わんばかりの不器用なスタンス。そんな泥臭いスタンスがあるからこそ、不器用で言葉数が少ない彼の魅力は一層引き立っている。

ウィルの次世代営業マン!

本当は体育会系の脳筋
川森 拓朗(業務管理部)
本当は体育会系の脳筋
Will
川森 拓朗(業務管理部)

ウィル鳩飼と出会い、ウィルの仕事・派遣会社の仕事を知る。

前職の派遣会社では鳩飼とスタッフとのやりとりを間近で見ているうちに「スタッフの人生を支える」姿勢に感銘を受ける。
「自分が人を育てる」のでは無く「人が育つ環境作りの為の営業」や、「仕事をしたいと思って貰える付き合い方」の大切さに気付く。

また、ウィルで管理部を作ることになった際に、殆ど使ったことのなかったPCやofficeソフトの使い方を独学で勉強。

そんな彼は理数系どころか文系でもなく、自称・運動しかやってこなかった体育会系の脳筋だという。

他にもWillには面白いキャストが沢山潜んでいます。
次に人物相関図に追加されるのは、これをご覧になっている「あなた」かもしれません。

to be continued...
お仕事情報の検索はこちら。WILLで出会おう新しい自分!!

電話受付専門スタッフがあなたのお問い合わせお待ちしております!

0120-157-774
受付時間 / 平日10:00~18:00

「正社員になりたい!」「フリーターのままでいい!」
など、あなたのライフスタイルや働き方を教えてください。
現場経験豊富なスタッフが親身にアドバイスいたします!

メッセージ
message

ザザーン
PAGE TOP