Now Loading…

人材派遣・
人材育成サービス
Tel Menu

*注) 株式会社ウィルは人材派遣、人材育成サービス、企画プロモーションをおこなう総合人材派遣会社です。

アクセス
応募する
Menu
カテゴリー
アーカイブ
  • お知らせ

プレスリリース「人が辞めない」のお知らせ

2020.9.3(Thu)

各営業マンが蓄積した「人が辞めない」ノウハウを調査
派遣スタッフ定着率95%を達成した凄腕営業部にアンケート実施
「週1~2回」連絡、「相手の人生に向き合う」コミュニケーションを

人材派遣を行う株式会社ウィル(本社:神奈川県横浜市 代表取締役:大坪 誠、以下当社)は、派遣スタッフを管理する横浜本社の営業部社員12人を対象とし、2020年7月27日~8月4日の期間にアンケートを実施し、担当する派遣スタッフとのコミュニケーションについて調査を行いました。

当社の本社営業部は社員1人あたり平均32人の派遣スタッフを担当し、派遣先とスタッフの間を取り持ちサポートしています。派遣社員の離職は、派遣先にとっても当社にとっても大きな痛手となりますが、当社は2010 年よりコミュニケーションを重視したマネージメントを実践し、2019年度には定着率95%を達成しました。(厚生労働省が『令和元年上半期雇用動向調査』で発表した、パートタイム労働者の離職率は15.4%)
この度の社員アンケートは、各営業マンが蓄積してきた“派遣スタッフが辞めないためのコミュニケーションノウハウ”を集計することを目的に実施しました。

■派遣スタッフへの連絡頻度は「週1~2 回」が過半数、業務だけでなく公私のメンタルケアも

担当している派遣スタッフとのコミュニケーションは「週に1~2 回」と回答した社員が過半数を超え、まめな連絡で信頼関係を築いている様子がうかがえました。また、その他と回答した社員は「相手の業務によって毎日連絡する場合もあれば、月2~3回の場合もある」と、相手によってフレキシブルに対応しているとのことでした。
また、どのような内容を話しているかランキングでの回答を集めたところ、1位「業務の報告」、2位「業務に関する悩み」、3位「業務に関する不満」と、当たり前ではありますが業務に関する内容が上位を占めた一方、3位「職場環境や人間関係の悩み」9位「自身の人生に関するプライベートの悩み」など、公私を問わずメンタルケアも行っていることがわかりました。

■派遣スタッフの人生に向き合うパートナーとしての意識を強く持つ

当社では社是として「仕事・現場を通じて自身と部下の育成を行い、自己成長につなげられる人間形成」を掲げています。
定着率95%を実現した当社担当社員たちからは、その好成績の秘訣について 「単に「派遣スタッフと担当営業」という垣根を超えて「仕事を通じてスタッフの成長過程、スタッフの自己実現に寄り添う」という一貫した関係性を各営業が継続して行っているからだと思う」(30代男性社員)、「『スタッフを思う気持ち』が強いからこそ、今の定着率が維持できていると思います」(30代男性社員)、「業務的だけにならず、親・友達・上司・先生のような色々な視点からコミュニケーションをとれる担当者が多いと感じます」(30代女性社員)など、一人ひとりの社員が社是を胸に、派遣スタッフの人生に向き合う濃密なコミュニケーションを意識している回答が得られました。

派遣スタッフがやりがいをもって幸せに長く働ける環境を作ることは、派遣スタッフ・派遣先のお客様・当社の“三方良し”の実現に繋がります。
ともすればドライな印象を持たれがちな人材派遣業ですが、当社はこれからも派遣スタッフをはじめ、すべての人に誠心誠意のコミュニケーションで向き合い、「雇用の拡大」「新しい雇用形態の創造」「労働力がシフトできる事業への展開」をミッションに社会貢献してまいります。

PAGE TOP